フランス語教材ランキングサイト

網野式・動詞フォーカスフランス語入門【ネイティブ音声付き・メールサポート付き】

フランス語教材01

教材について一部抜粋

毎日10時間勉強しても、方向が少しでもズレていると、目標は達成できません。

 

6年以上司法試験浪人をしてきた私だからこそ、骨身に染みて感じているほどです。今から昔の私に言ってあげたいことを、あなたにもぜひ伝えたいのです。

 

方向のズレた努力は、報われない

 

あなたには、方向のズレた努力をどうしてもして欲しくないのです。いくら努力しても報われないあのむなしさは、もう誰にも味わって欲しくありません。

 

一度フランス語の勉強で挫折すると、脳の潜在意識に「またフランス語の勉強しても無駄だよ」というネガティブなイメージが確実に刷り込まれます。

 

一旦何かで挫折した人が、その後もいろいろな事で挫折を繰り返す癖がついてしまうのはこのためです。

 

心が深く傷ついて、脳が自分を防御するために、「初めから無理だよ」ということを潜在意識に刷り込ませてしまうのです。

 

一旦刻み込まれた深い傷から立ち直るのは、ゼロから始めるよりも数倍難しいことです。

 

もし、あなたがフランス語の勉強で挫折したことがあっても、また、ゼロから始めるという場合でも、どうか、フランス語を勉強する方向だけは、間違えないでください。

 

今ならまだ、大丈夫。間に合います。
「動詞」です。

 

「動詞」が全てを解く鍵です。

 

どうか、フランス語を勉強する方向だけは、本当に間違えないでください

 

これは、私の心からの叫びです。

 

 

では、方向がズレていない学習法とは何か。

 

それが、私が開発した「動詞」にフォーカスしたフランス語学習法、
網野式「動詞」フォーカスフランス語学習法です。
引用元http://france-amino.com/it/

 

松平式フランス語のおぼえ方

フランス語教材02

教材について一部抜粋

突然ですがあなたはこんな経験はないでしょうか?

 

  • フランス語の教材を勉強したものの、難しい文法や膨大な活用を必死に暗記していくうちに嫌になり挫折してしまった。

    (えっ、こんなに辛い勉強なの?)

  • ワクワク勉強をはじめたものの、覚えることの多さに途中でギブアップしてしまった。(私には無理だ・・・)
  • 前に覚えたはずなのに、時間とともにどんどん忘れていく。(ああ、いつになったら覚えられるのだろう・・・)
  • いざネイティブと会話するチャンスがきても、心のブレーキがかかって何も話せない。(もっと上達してからにしよう・・・)

 

 

いかがでしょうか?もし一つでも当てはまれば、これから先はあなたへの大事な“手紙”です。

 

なぜなら、多くの言語(40ヶ国語)を学び習得したからこそ言えるフランス語習得の秘訣をお伝えするからです。

 

フランス語を普通に一から勉強すると、文法や動詞の活用といった暗記に追われるだけの苦痛な勉強になって嫌になってしまいます。

 

日本では普通に勧められるそんな勉強方法は間違っています。

 

そうならないためにもフランス語の正しい学習法を知ってください。

 

それを知れば、あなたは1ヶ月後にはネイティブと楽しく会話できるようになるのですから。
引用元http://france123.jp/

 

外国語・フランス語関連口コミ集

フランス語を習うのにやっぱり安いが良い

外国語・フランス語口コミ-1

何でも習い事は安い方がいいよね。ただ安すぎて内容が酷すぎたら意味ないけど・・・。ある程度安くて内容が充実しているのが一番!でも、どうやって見極めればいいのだろうか。お試とか、無料サンプル有とかを探すしかないね。そういったもので、試して内容がいいことを確認して申し込むのが一番だよね。いくら安くても内容が良くなくて・・・それを何回も繰り返していたら塵も積もれば山となるで、結局いいやつを1個契約したほうが安かったってことになりかねないし。という事で、どんなフランス語教材にしようか、やっぱり通った方がいいのか・・・っていろいろと検討中。真面目にやるんなら金かけた方がいいのかな?以前これを聞くだけでフランス語耳になれる!って商品があって買ったんだよね。全然ダメでした。流れるのはなぜか・・・フランス語ではなくてクラッシックでした。べつにクラッシックは嫌いじゃなくどちらかというと好きな方でしたが、曲が大きくなったり急に小さくなったり・・・・ってなんか聞いていてあんまりリラックスできるような奴じゃないので結局続きませんでした。あれちゃんとやったら効果あったのかな?でももう引越しした時に捨てちゃった。なんかいいフランス語教材ないかな?

 

レッスン時間はどのくらいがいいのかな。

外国語・フランス語口コミ-2

子供の英会話のレッスンだと、幼児クラスで30分、幼稚園児クラスだと45分、ですね。小学生になると1時間でしょうか。今の小学生の授業って1コマ45分くらいでしょうか?

 

英語で授業をするって、日本語の授業より頭をフル回転させないといけないから、45分間集中力が持続するか心配だよね。

 

子供なら授業というより遊び感覚だから、45分でも楽しみながらレッスンを受けられるよね。英語教材だと30分が限界かな。だって、教材以外にも家の中にはいろいろあるもんね。

 

大人になるとまた違ってくるんだよね。特に英語を始めたばっかりの時は、頭がキュウってなって頭がフル回転しているのがよく分かるんだよ。

 

講師が言っていることを一言一句取りこぼさないように神経を研ぎ澄ませている。でも結局そんな風にレッスンを受けていても集中力は30分と持たないですよ、私の場合。慣れてくると30分があっという間なんだけどね。物足りなく感じちゃうんだよね。
それでも40分くらいがマックスかな。英語マスターできれば、教材なしでお茶感覚でレッスンが受けられるんだけどなぁ。

 

英語はマンツーマンかグループレッスンか。

外国語・フランス語口コミ-3

マンツーマンレッスンって、いいですよね、緊張するけど。オンライン英会話ならマンツーマンレッスンが多いですよね。私が行っていた英会話教室のテレビ電話レッスンはグループでしたが、なんか生徒さんの部屋が映っていて、カメラの位置によっては顔が全然見えなかったり、

 

部屋が映ったりして、何か集中できなかったです。あと、音声もちょっとうまく行かなかったりして、トラブルも何度かありましたね。

 

でも、マンツーマンなら英語に集中できそう。講師の様子が画面で大きくでるので、安心感もあるし、レッスン時間中、ずっと英語漬けでられるので英語が早く話せるようになるでしょうね。

 

でも、集中力を持続させないといけないので、レッスン後の疲労感を考えると続けていくのがしんどくなってきてしまうかも。「もし講師の発言が理解できなかったら・・・」とか余計な心配が出てきますね。
グループレッスンだと、他の人の発言している時間は、つかの間の休憩タイムですし、もし講師の言っていることが理解できなくても、他の人の発言を聞けば理解できることもあります。どちらにせよメリットデメリットがあるので、私なら、いつもはグループ、たまにマンツーマンっていうのが、ベストかな。

なんだか最近巷で「つぶやき英語トレーニング」とやらが流行っている模様。

 

こんな出来の悪い頭の私でも英語がわかるようになるのかな?本も手ごろな値段なので買ってみようかな?

 

なんかレビューもいい感じ。どうやら2倍速3倍速で効くと耳が改造されて聴く力がつくみたい。
なんかすごいなぁ。

 

なんか課題に「1週間かけて暗記せよ」ってあるみたいだけど・・・聞いていると自然と覚えてしまうようです。恐るべし倍速効果。

 

そう思うと私でもできそうな気がしてきた。喋るには耳を英語が聞き取れる耳にしないといけないって言うよね。

 

まずは、インプットからってことだね。ある程度インプットしたらアウトプットしていけば話せるようになるのかな?

 

なんか学校の授業もこんな感じでやってくれたら、今頃話せるようになったような気もするな。
でもまてよ、当時はぐうたらだから結局は居眠りしていたかもしれないね。本当に高校の時は良く寝ていた気がします。今ならば寝ないようにするけど・・・。

スピードラーニングで話せるようになるかは、聞く人の姿勢に比例するのでは!?
最近、石川遼から米倉涼子にバトンタッチしたスピードラーニング。

 

米倉涼子に「聞いてみて」と言われると、一度聞いてみたくなるところだが、聞くだけで本当に話せるようになるのか??っていう疑問にぶちあたる。。

 

なので、ちょっとネットの口コミを見てみると、「友達がスピードラーニングを買って聞いたけど、全然話せなかったので、友達から教材を譲り受けて聞いてみたら、自分は話せるようになった」とか、そういう話が結構書いてありました。。

 

そう考えると、「聞き流すだけで英語が話せるようになる」というのは、聞く人がどれだけ真剣に聞くか聞く側の姿勢の問題なのでは!?と思います。。

 

真剣に覚える気がある人は、話せるようになるだろうし、なんとなく聞いているだけの人は、いつまでたっても話せるようにはならないのではないでしょうか。。

 

それに、1時間ダラダラ聞くより、10分集中して聞いたほうがいいとも書いてありました。

 

それって、1時間ダラダラ聞いているってことは、やっぱり、あまり覚える気が無くって、ただダラダラ聞いてしまっているだけなのでしょうね、きっと。。

 

スピードラーニングを始めるなら、真剣さが必要だなと思いました(笑)

子供の英会話、文法コースも増やした方がいいか迷ってます。。
私は、小学校3年生の子供の母ですが、今年の2月から子供が英会話に行っています。

 

今は、週に1回、会話形式でゲームやクイズをしながら、単語を覚えるという感じで会話しています。

 

子供も最初、続くかな〜という心配もありましたが、楽しそうに通っています!

 

でも、この間、英会話のお迎えに行った時、一緒に待っていた、ママ友さんと話をしていたら、来年から、週にもう1日増やせば、会話ではなくて、文法を教えてくれるコースも出来るらしいけど、どうするの??と聞かれ、迷っています。。

 

英会話の先生達からすると、やはり文法を今のうちからしておくと、中学校になった時に、楽だし、ずいぶん違ってくるといいます。。

 

せっかく、習っているので、中途半端ではなく、ちゃんと全部教えてもらった方が、いいのかな〜という気持ちもあって、子供に来年から、「もう1日増やす??」と聞くと、「週に2回は、ちょっと。。」という返答。。

 

とりあえず、来年は諦め、再来年くらいからでも遅くないかな〜と思っています。

恥ずかしながら、私の英語遍歴って悲しい。
私自身、英語に触れるようになったのは、中学生からです。でもアラフォー世代の半分以上は実は英語を始めたのは中学生になってからではないかと思うんです。
一応、中学・高校と英語を勉強し、大学での英語は必修科目ではなかったので、そこまで勉強しなかった。そして、社会人になってまた英会話教室に通うようになったものの、あまり上達できなかった・・・。って何か悲しい感じですよねぇ。
英語が絶対に必要になる環境でなかったからだよねぇ。今までの人生の中で英語を必死で勉強しときゃよかったなぁ。

 

これだけのスピードでグローバルな社会になってきているので、英語を活かせる時期が来たかもしれないのにね。実際、会社で海外赴任の募集があったことがありました。でも英語に自信がなく応募することはしなかったんだけど、英語ができていたら、絶対に応募していたのになぁ。

 

そのリベンジなのかなぁ。子供には早いうちから英語を習わせようとずっと思っていましたよ。そして、それが叶いました。私自身の英語遍歴は少ないけれど、少しでも英語に触れていきたいな。

世の中には様々な職業がありますが、憧れの職業がいくつかあります。中でも、ネイリストはとてもオシャレなイメージが強い職業なので、以前からとても憧れています。

 

ネイリストが素晴らしい点は、ネイルができるということだけではありません。ネイリストはネイルの装飾ができるのは当然なのですが、服装なども含めてトータル的なオシャレな度合いが強い印象です。

 

トータル的にオシャレでかつネイルがきれいなので、手元が美しくなるのが羨ましいと感じます。お客様に素晴らしいネイルを提供することができるだけではなく、自身のネイルもデコレーションすることができるので、プライベートでもスキルが役立ちます。また、ネイリストさんにネイルをしてもらっているときは、

 

オシャレに関してなど色々なトークをします。トークに関する内容も深いものが多くて、ファッションや芸能関係など様々な引き出しがあります。トーク力も優れていてオシャレなネイリストは、誰しもが憧れる職業です。

 

(参考リンク)http://ネイリスト資格通信講座スクール.com/

続きを読む≫ 2015/10/29 22:56:29 ブログ

英語語を話せるようになるために一人黙々とCDを聞いていても聞くことは上達しても話す方は難しいかもね。それには、会話をすることだよね。
ひたすら会話をする。 会話って、こう返したらこう帰ってくるという決まった法則はない。

 

だから、学校の英語のように文章があってそれを理解したり、聞き流すだけのCDを聞いていても会話までは発展していかないよね。
とはいっても、リスニングパワーのように、リスニングについてこれでもかというほどに噛み砕いてレクチャーしてくれるリスニング教材も有意義だとは思いますけどね。

 

だから、英語を聞ける耳ができたら、次は実践練習が必要だね。 まずは、英会話に対して度胸をつけなくちゃね。実践で怖気づいちゃうと英語を聞ける耳に英語が全く入ってこなくなっちゃうからね。

 

最初は、相手の会話が全く分からないだろうけど、分からない自分を恥ずかしいと思わず、分からないなら分かる単語で頑張って伝えようとしようね。

 

辞書を片手に話してもいいけれど、一度ニュージーランドで辞書片手に会話をしようとしたけれど、結局単語だけだから全く通じなかった。通じなければ最後は身振り手振りで頑張ろう!

私の幼稚園や小学生の頃の習い事というは、親がやらせるというよりも自分からしたいと言わない限り、習い事に行くことはなかった気がします。友達がやっているからというのが、ほとんどの理由じゃないかな。
そろばん・習字・くもんがほとんどだったよね。

 

だけど、その中で「英語」を習っている子っていなかったね。
しかし、今の習い事人気ランキング、1位「スイミング」2位「ピアノ」3位「英語」と英語が必ずランキング上位に入ってくるね。

 

でも、このほとんどが本人がやりたいというより、親が始めさせるものがほとんどなんだよね。私も息子に英語をさせているのは、私がさせたかったからです。
でも、本人が嫌がったらやめようと思っていたけれど、本人ノリノリで、今は楽しく通っています。

 

これから英語は必要になるけれど、強制してしまったら逆効果になってしまうかもしれませんよ。勉強という認識がない子供に習い事をさせるのって難しいけれど、まず子供が楽しんでいれば大丈夫かもしれないね。

 

楽しむということは、何も子供に限ったことじゃないですよね。私も今から英語。リスニング教材で力まず楽しんで頑張ってみようと思ってますよ。

海外旅行に行きたくて・・・・英語を覚えたい。一応最低限とでも言うのだろうか・・・・そういった言葉はなんとかカタカナ英語で覚えているけど実際には通じません。
あとは今までは日本語が通じる国しか行きませんでした。

 

でもそんなんじゃつまらないので、日本語があまり通じない今までにいった事のないところにも行ってみたいと思うようになりました。
そうなるとやっぱりその旅先の言葉が必須でしょ。英語に限らずいろいろと覚えたいの。

 

今行きたいところは、オーストラリア、モルディブ、スペインなどなど。
友達が韓国が好きなので一緒に行くのもいいかもしれない。
短期間で往復できるしね。

 

あとはどこがいいかな?フランスなんかも憧れる。フランス語って難しそうだけど。

 

イタリアもご飯がおいしそうなので行ってみたい。あーいろんなところに行きたくてどうしようもないです。

 

あとはその旅先の言葉も話せるようにならないといけないし、今から大変だ。トラベル英会話の勉強とかしなきゃいけないし。
でも楽しみが増えるのは良いことだ。